ニュース

ニュース内検索
三幸会からのお知らせです。
2008/09/05

医局より>「新薬と臨牀」第57巻第8号別冊


医療法人三幸会 第二北山病院
並河東明、藤井英子、田村潤一、松尾晃治、太田純、吉川好美、近藤久勝、福居義久による研究論文が医薬情報研究所発行「新薬と臨牀」第57巻第8号別冊として発刊されました。
今回の研究論文のタイトルは
Olanzapine口腔内崩壊錠で緊張病性昏迷状態が著明改善した統合失調症の3症例
―急性期治療における、olanzapineのtreatment effectiveness―

詳しい内容は、
『医療の綜合WEBサイト「メディカルオンライン」』
http://www.meteo-intergate.com/index.html
にてご覧いただくことができます。(別途会員登録等が必要です。)

「新薬と臨牀」とは、わが国最初の薬物療法の専門誌として 1952年(昭和27年)に創刊されたもので、医学や薬学に関する基礎から臨床まで、下記のような研究論文が幅広く掲載されています。
1 新薬の非臨床試験等,基礎的研究成績
2 各科領域における新薬および既存医薬品(スイッチOTC等一般用医薬品も含む)の臨床治験成績
3 日常の診療に役立つ症例報告
4 診断用薬および医療用機器類等の研究成績
(市販後調査成績・生物学的同等性試験・アンケート結果も含む)
5 医学・薬学等に関する各種講演会・研究会・シンポジウム・座談会等の記録
(説明文書並びにタイトル画像は株式会社医薬情報研究所HPを参考にさせていただきました。)