ニュース

ニュース内検索
三幸会からのお知らせです。
2008/10/28

三幸会より>石座神社大祭のダイジェスト2008


直前まで降っていた雨も止み、今年も無事に10月25日深夜(早朝)、石座神社大祭が執り行われました。

当日夜中の2時になると、松明(たいまつ)、剣鉾(けんぼこ)などを手にそれぞれの町内から参加者が石座神社へ集まって来られ、「宮座」という、かつての岩倉村六ヶ町のなかの一定の家や人からなるみなさん(お神輿担がれるみなさん)で食事をいただかれます。
そして種々の神事のあと、宮座の代表が火をもらいに神前に進み、大松明に点火。
大松明の炎が弱くなってくる明け方5時頃から大人神輿、子ども神輿が町内を巡行します。

朝・昼の神事で今年初めてお神輿を担がれた職員さんと、昨日のお昼に食堂で一緒になったので「どうでした?」と聞きましたら「楽しかったですよ」と第一声。
「担いでいるときに皆で声を出すんですけど、声が揃うと神輿が軽いんです。合わなくなると途端にムチャクチャ重くなるんですよね」とおっしゃてました。

なんだか声が揃ってふっとお神輿が軽くなった瞬間ってすごく嬉しくなりそうですよね、神さまが力を貸してくれたような気持ちにもなりそう。

大変でしょうけれど、こうやってお祭りを毎年の楽しみとして行える、見せてもらえることに感謝です。これからもよろしくお願いします。