ニュース

ニュース内検索
三幸会からのお知らせです。
2008/11/10

三幸会より>「京都岩倉実相院」の夜間特別拝観が始まります。


ここ暫く寒い朝が続いたせいか、イチョウやサクラの葉が綺麗に色づいてきました。
そんな秋本番の岩倉、実相院にて夜間特別拝観「紅葉・石庭ライトアップ」が始まります。
今年は11月15日(土曜日)~11月30日(日曜日)まで。
また、秋季特別展として「幕末の岩倉」実相院日記~篤姫の時代~が行われています。

以下、実相院さんのホームページより
実相院日記とは、江戸時代を通して書かれた実相院坊官の日記です。坊官とは房官とも書き、御所や門跡寺院に仕えた在家の法師をいいます。この日記には、江戸時代に起きたさまざまな史実が詳細に記されており、貴重な歴史史料といえましょう。
このたびの展示では、特に「篤姫の時代」と題して幕末に焦点を当て、篤姫( 天障院)・和宮・徳川家茂とその周辺の人々、さらに当時の世相もかいま見ることにいたしました。江戸時代末期、まさに激動の波に翻弄されたかれらの動向を、この実相院日記から読み取っていただければ幸甚です。

詳しい案内やイベント内容をお知りになりたい方はこちらまで
京都岩倉実相院ホームページ
http://www.jissoin.com/info/index.html

(上部写真は実相院さんのホームページより拝借いたしました。)