ニュース

ニュース内検索
三幸会からのお知らせです。
2009/11/28

三幸会より>石座神社大祭、テレビ放映のお知らせ


11月23日の京都新聞に掲載されていたのをご覧になった方もいらっしゃるかと思いますが、岩倉の地元のお祭り「石座神社大祭」の様子が、来月12月6日(日曜日)午前6時15分から毎日放送(4チャンネル)「美の京都遺産」という番組にて放映されます。
今年の松明の点火は10月24日(土)の早朝3時でした。

石座神社(←これで「いわくらじんじゃ」と読みます。)のお祭りについて少し書きますと・・・
石座神社の火祭りで燃やす松明の全長は約10メートル。火をつける頭部回りは約4~5メートルという本当に大きな松明です。
この松明2基を境内の左右に設置し午前3時に点火します。柴が乾燥していれば点火時には20m位にもなる火柱が上がることもあります。

この火祭りの由来は明確ではないそうなのですが・・・
伝説によると昔、石座に雄と雌の大蛇が住んでいて住民に大きな危害を加えていたそうで、神前の灯火で退治せよとのお告げの通り、松明に神火を点すと2度と大蛇は現れなかった。
この由縁に感謝し、今日まで松明の点火が伝承されているのだそうです。

石座神社の祭礼は松明が燃え尽きた午前5時過ぎに「お旅所」に向け御輿が巡行。巡行は約1キロの道のりを概ね2時間かけて行われます。
昼神事は午後2時過ぎから、お旅所に安置された御輿を本殿へ還幸する行列がとりおこなわれます。本殿に到着、御輿を拝殿に安置後「岩倉史謡踊」が奉納されます。

早朝からのお祭りのため、なかなか一般の方々に見ていただく機会は少ないのですが、本当に荘厳なお祭りです。
その様子を今回放映されるとのこと。
是非、ご覧になっていただき、そして来年は直接肌で感じてみてください。