ニュース

ニュース内検索
三幸会からのお知らせです。
2010/10/23

京都市岩倉地域包括支援センターより>左京区主任介護支援専門員有資格者研修会にて、センター長 松本惠生が発表、報告させていただきました。


平成22年10月21日(木)16:00より、京都大学病院内にあります杉浦地域医療研究センター2Fにて、
左京区主任介護支援専門員有資格者研修会 
~病院連携部門との合同研修会~
が開催され、こちらの研修の中で発表させていただきました。
当日は病院関係者22名・ケアマネージャー42名の合計64名が参加。
グループディスカッションを含め、現場で思う、感じることなどを話すことが出来た、大変熱気ある会となりました。

今回の研修会のテーマは
「各種加算・連携指導料等の現状と課題からあるべき役割分担とは?」

プログラムをご紹介しますと・・・
16:00 ~      開会の挨拶
           京都市左京南地域包括支援センター 太田 美和子

16:05 ~16:25   第1部
            各部門のアンケート結果と見えてくる課題
           京都市岩倉地域包括支援センター  松本  恵生

16:25~17:00    第2部
           京都大学医学部付属病院地域ネットワーク医療部
                             宇都宮 宏子
            グループディスカッション
17:00~17:30    発表・今後についての課題

開催の挨拶  
京都市左京南地域包括支援センター 太田 美和子
今回、左京区地域包括支援センター主任ケアマネ部会より、さらなる医療・福祉のネットワーク構築のため、病院の退院部門に関わる看護師・ソーシャルカーカーさん等との勉強会を開催する運びとなりました。
開催にあたり、京都大学付属病院地域ネットワーク医療部の宇都宮氏にご協力頂き、このような大勢の方が参加して頂ける研修会となり、感謝しております。ケアマネージャーと病院。平成21年の報酬改定で【各種加算】が創設され、そのことも含め、【連携】ということがどのように変わり、今ある課題は何であるのか?今後目指すものは?等、互いにデイスカッションしたいと思います。

こちらの挨拶、並びに今回のテーマを受けまして、
【医療機関からのアンケート】【ケアマネージャ-からのアンケート】をまとめたものを発表、報告させていただきました。