ニュース

ニュース内検索
三幸会からのお知らせです。
2011/05/27

京都市岩倉地域包括支援センターより>岩倉学区徘徊模擬訓練を行いました。


左京区岩倉学区において、平成23年5月20日(金)に、徘徊模擬訓練を実施しました。
徘徊模擬訓練とは、徘徊する高齢者の方が出たと想定して行う、情報伝達や捜索の訓練で、京都市の取り組みとしては、岩倉地域が初の試みとなります。

訓練では、グループホームの入居者(実際は包括支援センターの職員)が岩倉の3地区を徘徊…
地域の民生委員・老人福祉員・社会福祉協議会の方々に発見、通報をしていただき、最終的に無事警察に保護して頂くことができました。
訓練後には協力していただいた方々にお集まり頂き、反省会を実施し、活発な意見交換が行われました。
また、まだまだ未完成ではありますが、徘徊時の通信ネットワーク(電話・メール・FAXなど)も創り上げることができました。

今回の訓練を通じ、「地域の方々に認知症について理解を深めていただく」「地域のネットワークを創り上げる」ことが少し前進できたのでは?と考えています。
また是非、岩倉学区だけでなく、左京区全体・京都市全域に広がっていけるよう、今後も地域の方々、関係機関と連携していきたいと思っています。