ニュース

ニュース内検索
三幸会からのお知らせです。
2006/10/23

三幸会より>「京都市自衛消防隊研修会」にパネラーとして参加してきました。


京都市北文化会館ホールにて行われた「平成18年度 京都市自衛消防隊研修会」(主催:京都市自衛消防隊連絡協議会・京都市消防局)に、第二北山病院自衛消防隊隊長の白藤雅章がパネルディスカッション「事業所の自衛消防活動と地域貢献について」、パネラーの一人として参加して参りました。

(以下第二北山病院自衛消防隊隊長:白藤雅章さんのコメント)
今回、医療界に身を置く者の一人として、また第二北山病院自衛消防隊隊長として、日々携わる全ての人々の生命・身体の安全を守るために職員全てが取り組んでいる防火・防災の活動内容の報告をさせていただきました。
この研修会は、2005年4月のJR福知山線列車事故発生時に近隣事業所の自衛消防隊が行われた救援活動が初期対応として、とても重要な役割を果たしたという事実。そこでの活動状況や内容を踏まえ、日々積み重ねられる訓練や研修の成果といったものが、それぞれの活動に有用に反映されていたであろうということ。応援体制と日頃からの取り組みといったものが、いかに重要であるかといった事を知り、学ばせていただく機会となりました。今回はパネラーとして活動報告という、とても貴重な体験をさせていただきました。みなさんの前でお話しさせていただいたこと、お聞かせいただいたこと、今後の自衛消防活動に活かしていきたいと思っています。