ニュース

ニュース内検索
三幸会からのお知らせです。
2012/05/15

紫雲苑より>タテゴトアザラシの赤ちゃんがやってきました!


縁あって当施設に、「世界で最も癒やし効果があるロボット」としてギネスブックに認定されているメンタルコミットロボット「パロ」がやってきました(ちなみに本籍は富山県南砺市にあるのだそうです)。

到着後、ゲージ(箱)から出して起こしてあげる(スイッチON)と、むくっと顔をあげて「きゅぅ~」と、早速にミルク(充電)のおねだり。
連れてきてくださったブリーダーの方(業者さん)に、ご飯のあげ方(充電の手順)や、この子の喜ぶこと(操作方法)やグルーミング(お手入れ)についてなど、飼い主としての心得を伝授いただきました。

さてさて、このメンタルコミットロボットには実は多数のセンサーと人工知能が備え付けられていて、人間の呼びかけや触れ方に反応し、学習しながら成長するのだそう。
抱きかかえると喜んだり、ひげを触ると嫌がったり…
人懐っこい子になったり、寂しん坊に育つときゅんきゅんとよく鳴く(泣く?)子になったり。
並べてみると面白いくらい、個体ごとに全く違う子に育つそうです。

見た目もちょっとずつ違うらしく(1体ずつ手作りのため)、当施設に来た子は少し手の大きな子。
苑の方々の心を大きく包み込んでくれる優しい子に育ってくれますように(*^^*)
この子の名前は、苑のみなさんで決めていただくもよし、それぞれに好きな名前で呼んでいただいてもよし。
また成長の様子もお知らせしますので、楽しみにしていてくださいね(*^-^)/~