ニュース

ニュース内検索
三幸会からのお知らせです。
2007/07/11

紫雲苑より>紫雲苑職員対象研修を行いました。


今回の研修会は、出野平恵介護支援担当部長(紫雲苑副施設長)の発案により、理事長と部長課長クラスが前に集まり対談形式にて話しを進めていく。そしてその様子を一般職員は傍聴するという、今までにないスタイルの研修会が行われました。
理事長からの問いかけに対し、現場の人間として、また役職を持つ者として日々思っていることや考えていることを、傍聴している施設職員はいないという想定で、本音で理事長(三幸会理念)と語る。
前に出て話しをする側も聞く側も、全員が全く初めての体験であり試みでしたが、なかなかに楽しく、考えることの多い研修会となりました。
問いかけられた質問。1つだけ紹介しますと・・・

「皆さんにとって介護とは、どういうことなのですか?」